検索
  • Jun Miyake

Deep Learningとは何か










42回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

医学の知的産業としての位置づけ

現代は産業革命時代の終焉とパラダイムシフトの時である。20世紀の工業生産を支えていた地下資源の利用による地球環境問題によってエネルギー消費に上限が設定されるからである。単に炭酸ガスの増加だけでなく、地上での熱発生そのものも規制対象になろう。即ち、資源の種類を問わずエネルギー・資源消費型の工業は発展しにくくなる。この状況で経済活動の効率化を進めるために考えられているのが、いわゆる知的産業である。これ

「もの」ではなく「状態」が主導する世界

バイオテクノロジーに大きな期待が寄せられている。そして、未来技術として経済の重要な柱と考える向きもあるようだ。自動車・半導体産業に並ぶ巨大な産業を作るという。意外な話と感じられるのは、これまで生物学とその派生技術である医学、薬学は基幹産業からずいぶんと遠いところにあったからである。 近代の産業技術は、適用範囲の広い単純な原理を確立し、エネルギーを使って大量のものを作るところに特色がある。原理の発見